熱アスファルト混合物自動抽出装置 PAVELAB50|製品情報|環境試験機・材料試験機・伸び計メーカー|株式会社インテスコ
製品情報PRODUCTS

熱アスファルト混合物自動抽出装置 PAVELAB50

アスファルト/瀝青成分抽出機

熱アスファルト混合物自動抽出装置 PAVELAB50

仕様SPEC

最大試料量 3.5㎏
外部カップ寸法 φ120×200㎜H
抽出時間 約55分(骨材等乾燥を含む)
溶媒使用量 約10ℓ(大部分はリサイクル可)
使用電力 6kW  (水冷除く)
  • IPC社(Controls Group) 道路試験機

製品の解説DESCRPTION

アスファルトの成分分析のため、溶媒を用いて、瀝青、フィラー、骨材などから溶出成分を抽出します。

試料をドラムに入れセットすると、加熱しながら溶媒中で超音波抽出します。抽出後、溶媒からフィラーを含む骨材を分離・乾燥し、粒度分布等の試験に使用します。分離した溶媒は蒸留・濃縮し、針入度、軟化点、そのほか化学分析用の試料を得ます。蒸留した溶媒は、リサイクルのために別途回収し、クローズドシステムで環境を汚染しません。

 

・ASTM D2172, EN 12697規格に準拠

・アスファルトサンプル(最大3.5kg)をスクリーニングメッシュドラムで加熱しながら回転させ、溶剤を使用して超音波洗浄します。

・バインダー溶液から充填剤を分離するための高速遠心分離機搭載

・抽出後のサンプルは自動で乾燥されます。

・抽出時間はs乾燥時間も含め約55分に短縮されました。

・最新の汚染防止条件に適合し、実験室に有害な気体を出すことはありません。

・動作音はとても静かです