Epsilon社とは|製品情報|株式会社インテスコ|材料試験機・伸び計・環境試験機メーカー
製品情報PRODUCTS

Epsilon社とは

各モデルの概要

Epsilon社とは
  • Epsilon社 伸び計

製品写真PHOTOS

  • Epsilon社とは1

    光学非接触型(視野~500㎜)

  • Epsilon社とは2

    高温型(~1600℃)

  • Epsilon社とは3

    軸/ねじり同時測定型

製品の解説DESCRPTION

インテスコは1975年の創業から、材料試験機メーカーとして、π型伸び計、LVDT、ギャップセンサなどのさまざまなトランスデューサを使用して伸び測定に取組んできました。その中で、Epsilon社製伸び計を採用したところ、安定性、信頼性において素晴らしいパフォーマンスを示したことから、同社と提携することにいたしました。

Epsilon社は、材料物性試験の伸び測定に特化した世界で唯一の会社です。約40年の社業を伸び関連製品の開発に傾注してきました。米国ワイオミング州に本社があり、世界中から寄せられる伸び測定器材の起案、設計、製作を行っています。金属、樹脂、ゴム、アスファルト、光ファイバ、セラミック、人骨を含む生体材料、岩石、アスファルトなどさまざまな材料に実績があります。
ひずみゲージ/ホイートストン・ブリッジ式のトランスデューサ(高温型の一部は静電容量式)は、-265℃から1600℃まで広い温度範囲に対応しており、亀裂開口変位、間接引張、液浸試験などにも適合するタイプもあります。
また、ポアゾン比測定のために径方向伸び計(幅計)、棒材のねじり測定器、曲げ変位測定器など、単純な「伸び」以外の試験にも対応する機種があります。
試験の透明性を求められる昨今、ISO弾性測定など海外との標準化を図らねばならない試験は今後ますます増加するものと予想されますので、ASTM E83 class B-1、ISO 9513 class 0,5のEpsilon製品は必須です。

◎ 標準型

軸方向伸び計 3542 3442 3542L 3543
特長 一般的な試験片による引張試験用 微小試験片用 長標線間/定ひずみ試験用 鉄筋破断試験用
標線間 10~80 3~50 100~600 50~250
ひずみ測定範囲 5~100 0.5~12.5 2.5~12.5 25~100
使用可能温度 -270~200 -270~200 -270~200 -40~150
径方向伸び計 3575 3475
ひずみ測定範囲 0.5~5 0.25~1.25
使用可能温度 -270~200 -270~200

◎ 非接触(光学式)

Epsilon ONE
特長 新開発平行レンズによる高精度測定。
自動アライメント機能で試験片を取付けと同時に試験開始。
精度 標線間10㎜以上において、ISO9513 Class 0.5/ASTM E83 Class B-1を満足。
標線間 最小2㎜、最大181㎜。付属のテンプレートで簡単マーキング。
ひずみ測定範囲 最大188㎜
試験片サイズ φ20μm以上

◎ 高温用

高温炉用 恒温槽用 高温疲労試験用
軸方向伸び計 3448 3648 3549 7642 7650A
特長 低価格 低ひずみ測定用 標準型 静電容量型センサ 静電容量型センサ
使用温度 1200 1600 1600 700 1600
標線間 10~50 10~50 10~50 10~50 12.5、25.0㎜
ひずみ測定範囲 最大 +50 最大 ±2.5 最大 ±25 最大 ±50 1.5、2.0、2.5㎜
冷却法 空冷可 要水冷 要水冷 冷却不要 要水冷
取付法 自立保持型 外部取付具要 外部取付具要 自立保持型 外部取付具要
径方向伸び計 3580 7675
使用温度 1000 700
ひずみ測定範囲 0.5~5 2.5㎜
冷却法 要水冷 冷却不要
取付法 外部取付具要 自立保持型

◎ クリップ・オン・ゲージ

3541 3548COD 7641
特長 一般的な用途 高温炉用、要水冷 高温炉用、冷却なし(静電容量型センサ)
標線間 2.5~12 5~20㎜ 3~12
ひずみ測定範囲 2.5~12 2.5~12 2.5~12
使用温度 -270~200 1200又は1600 700℃

◎ 二軸平均測定

3560 3442AVG
特長 二軸/平均測定 複合材用二軸平均測定
標線間 10.0、25.0、50.0㎜ 0.5~3㎜
ひずみ測定範囲 ±5、±10% 1.25、2.5㎜

◎ 土木材料

3911 3542RA 3909 3544
特長 間接引張用 二軸平均測定 AASHTO TP63のSPT試験用 円周測定
ひずみ測定範囲 0.76、1.5、2㎜ 25~200㎜ 70、76、100㎜ 2.0、3.0、6.0、12.0㎜
供試体直径 50から100、150、200㎜ 0,5、1.0、2,5㎜ 50~100,150,200㎜

◎ その他

3540 4030 3565
特長 たわみ(曲げ変位)測定専用 液中浸漬用 ボルト試験用
ひずみ測定範囲 1~50 1.25㎜
使用温度 -270~200 -40~100 -265~200
3550 7650 7651
特長 軸/ねじり同時測定用 軸/ねじり高温測定用 面内二軸ひずみ測定用
標線間 25㎜ 12.5、25.0㎜ (二軸試験機用)
ひずみ測定範囲 ±5、±10% 2.5㎜ 2.5㎜
ねじり角度測定範囲 ±2、±3° ±0.5、±1.0° ねじり無し
使用温度 -270~200 1200、1600℃ 1200、1600℃
4013
特長 ASTM4013専用

◎ キャリブレータ

3590 3590VHR 3590AT
特長 標準型 高分解能型 軸/ねじり同時校正型
校正ひずみ範囲 50㎜ 50㎜ 50㎜
分解能 0.001㎜ 20nm 0.001㎜

◎ オプション

シグナルコンディショナ ESCS ナイフエッジ
機能 伸び計からの、アナログ電圧出力又はパソコン出力する信号処理を行います。 電気キャリブレーションに使用するため、ひずみゲージ式伸び計に付属しています。 忘れられがちですが、伸び計と試験片接点にある重要な部品です。さまざまな形状が用意されています。