EXシリーズ標線間伸び計|製品情報|環境試験機・材料試験機・伸び計メーカー|株式会社インテスコ
製品情報PRODUCTS

EXシリーズ標線間伸び計

EXシリーズ標線間伸び計
  • 試験力・ひずみ検出部

製品の解説DESCRPTION

動クランプ伸び計“EXシリーズ”の使用法は本体を試験機上の移動台に取りつけ固定後、試験片をチャックに保持します。
手動又は自動で本体標線部を試験位置に移動し、スタートボタンを押すだけ、後は自動的に標線クランプ操作が行われ同時に 試験機は引張動作に入ります。伸び計標線接触部はナイフエッジ又はOリングにより試験片標線部を軽く挟み保持、保持力はバネ力により調整可能です。 伸び計標線部は付属荷重検出器により、試験片の伸びによって検出部に生じる荷重が、常にゼロとなるよう荷重制御を行い、標線の変位を追尾します。 クランプ操作が全て自動で行われる為、データのバラツキは極めて少なく、また保持力が微小に調整可能なので、標線位置で試験片が破断することもありません。 JIS K7161弾性率測定は標線部に微小変位計を設ける事で対応しています。