TRIAX TOUCH|製品情報|株式会社インテスコ|材料試験機・伸び計・環境試験機メーカー
製品情報PRODUCTS

TRIAX TOUCH

頭部損傷基準値測定装置(Head Injury Criteria)

TRIAX TOUCH

仕様SPEC

Eミサイル(ヘッドフォーム) 半球状、4.6kg±0.05kg、直径160㎜±5㎜
三軸加速度センサ 定格容量:500G、耐衝撃加速度:1000G
測定精度 ±5%FS以下
最大落下高さ 約3.75m オプションで4.2mまで拡張可
落下方法 電磁リリース式
データ記録試験数 1000回(マイクロSDカード1枚当たり)
パソコンへのデータ転送 マイクロSDカード
パソコン用ソフトウェア 測定データを改ざんできない形で保管
オプション 玉砂利対応加速度センサ
  • 高速・衝撃試験
  • Alpha Automation社 HIC測定装置

製品写真PHOTOS

  • TRIAX TOUCH1

    ワイヤレスのコントローラ

  • TRIAX TOUCH2

    関連試験機
    ブランコHIC衝撃試験機:ASTM F1487、En1176-2、AS4685-6

  • TRIAX TOUCH3

    関連試験機
    「A」ミサイルシステム:ASTM F355-16
    サッカー、ラグビー、アメリカン・フットボール用

製品の解説DESCRPTION

頭部損傷基準HICとは、頭部に打撃を受けたときの衝撃力(安全性)を評価する指標で、緩衝材の性能評価に使用します。公園、グラウンド、芝生、歩道、プールサイド、体育館、遊戯施設の床等に転落・転倒した際の安全性を評価します。ASTM-F1292-18及びEN-1177等の公定法に準拠した国際的な標準規格で、1988年以来技術開発を続けてきたことで、フィールドとラボで統一性のある試験を行えるようになりました。
わが国でも児童公園や遊園地等の遊具広場「プレイグラウンド」でのゴムチップ舗装が普及してきましたが、そうした弾性舗装の性能評価に使用が進んできました(米軍施設内の遊具工事を請負う際にも有利です)。さらに、近年はスポーツ施設の安全性も重視されてきており、サッカー、ラグビー、アメリカン・フットボール等の芝生(人工芝も含む)の競技場の評価にも使用します。

TRIAX TOUCHはそのHIC値の測定装置で、Eミサイル・システムでは人体頭部をモデルとした半球状のEミサイル(センサ、ヘッドフォーム)を測定面に落下させ、内部に組み込まれた三軸加速度センサで衝撃加速度を計測し、測定面のHIC値を計算しています。

測定方法はとても簡単で、付属の三脚を組立ててEミサイルを任意の高さに吊るし、コントローラからの操作で電磁的にEミサイルを切離し自由落下させます。三軸加速度センサで計測された衝撃加速度をコントローラで自動解析して衝撃波形とHIC値を表示し、コントローラのマイクロSDカードに保存します。SDカードからパソコンへ転送し、改ざんされない形式で保管します。
旧型では試験機の落下部を含む各部を結んでいたケーブルが、TRIAX 2015以降はワイヤレス接続になり、現場での組立てが迅速になりました。旧型機をTOUCHにアップグレードすることもできます。
また、三脚無しでも販売しますので、手持ち試験や実験室に固定的に設置する場合にご利用ください。

企画: Canadian Playground Advisory Inc.,

製造: Alpha Automation, Inc.