インパクトエコー|製品情報|環境試験機・材料試験機・伸び計メーカー|株式会社インテスコ
製品情報PRODUCTS

インパクトエコー

インパクトエコー

仕様SPEC

データ収録器  2chアンプ  充電式
ハンドル付きセンサ ピストル型 
インパクタ 10個のスプリングロッド付き鋼球
ノートパソコン(専用ソフトウェア) 測定結果の表示及びFFT演算処理
充電器 家庭用交流電源用及び自動車用
運搬ケース  測定結果の表示及びFFT演算処理
オプション 測定物音速測定センサ
  • Impact Echo社 インパクト エコー

製品の解説DESCRPTION

インパクトエコー法は、非破壊コンクリート検査方法の一つです。この手法の開発者であるSansalone博士が、顧問として製造元のImpact Echo社の指導に当たっています。
インパクトエコー法は、 対象構造体の表面を小さい鋼球で衝撃を与えて弾性波を発生させ、構造体内部を伝播・反射した弾性波をピエゾセンサーで検出し、得られた波形を処理して内部の欠陥を測定します。測定結果はパソコンに表示されます。コンクリート及び道路舗装の厚さ、表面亀裂の深さ、内部の空隙、グラウド充填状態などが測定できます。 
インパクトエコー法はASTM C1383-98aで規格化されていています。試験法は一般に普及しているものですが、データ解析にはインパクトエコー理論の基礎知識が必要です。