落下型衝撃試験機|製品情報|環境試験機・材料試験機・伸び計メーカー|株式会社インテスコ
製品情報PRODUCTS

落下型衝撃試験機

落下型衝撃試験機

仕様SPEC

衝撃負荷方式  衝撃圧子の自由落下
落下高さ可変範囲 標準500㎜
衝撃圧子重量範囲 標準で最大40N(10Nステップで変更可)
動荷重測定範囲 最大22000N
衝撃動荷重出力 オシロスコープ、データロガーなどに接続可能
  • 高速・衝撃試験

製品の解説DESCRPTION

この試験機は、重錘を任意の高さから落下させ試験片に衝突させることにより、その衝撃動荷重及び落下速度を測定し、その値を外部端子から一般のデータ収集機器に出力してデータの記録を行う装置です。

卓上型ですが、最大250×250×5㎜の試験片を試験することが出来ます。オプションの架台を使用すれば、さらに大型試験片の試験が可能です。二度打ち防止機能で、試験片の過剰な破壊を防ぎます。衝突速度の測定も可能です。衝撃圧子の打撃面形状を変更することができます。衝撃圧子に取付ける重錘の数を変えることで、重量を調整することができます。多様な材料の耐衝撃試験、貫入試験、反撥試験に応用できます。