自動針入度試験機 PIVOT|製品情報|株式会社インテスコ|材料試験機・伸び計・環境試験機メーカー
製品情報PRODUCTS

自動針入度試験機 PIVOT

自動針入度試験機 PIVOT

仕様SPEC

測定範囲 最大50㎜ 分解能0.01㎜
分銅 50g(追加用150g)
電源 110~230V 50~60Hz 単相
  • かたさ試験
  • IPC社(Controls Group) 道路試験機

製品の解説DESCRPTION

PIVOTは、石油アスファルトの針入度試験機です。試験台に所定の温度の水槽を置きアスファルトを張ったサンプルカップを沈め、分銅を載せたニードルで針入度を測定します。人為的不正確さを排除するため完全な自動測定を実現しており、非接触センサがニードル位置をモニタして、試験後にステッピングモータで毎回同一の初期位置に復帰します。6インチのタッチスクリーンから試験条件などを設定し、針入度/時間曲線をリアルタイムで最大6回まで表示し、結果を平均化します。

・ASTM D5, D127, EN 1426, EN 13380-2, AASHTO T49, AFNOR T66-004, DIN 52210, IP 49, JIS K2207規格に準拠
・試験サイクル全体はタッチスクリーンディスプレイのスタートボタンを押すだけで自動的に実行され、USBメモリに記録されます。
・非接触変位測定機により0.01mm分解能で針入度試験が行えます
・針入度/時間曲線をリアルタイム表示します
・ステッピングモーターによる高精度な垂直移動