製品情報|環境試験機・材料試験機・伸び計メーカー|株式会社インテスコ

製品情報PRODUCTS

材料試験機・環境試験機 製品カテゴリーPRODUCT CATEGORIES

インテスコでは、様々な試験種別や材料種別に対応した各種環境試験器・材料試験機を取り揃えております。
試験内容や試験材料ごとのカテゴリーより、ご希望の製品をお求め下さい。

クリックしたカテゴリーに移動します

万能試験機(25)

材料の強さについて基礎的な情報を得るための基礎的試験法が引張試験であり、実行する装置が万能試験機です。引張試験を行う際の基礎的装置である機械本体部、つかみ部、雰囲気装置、ロードセル(荷重測定器)、伸び計(ひずみ測定器)が有ります。材料・物質の性状は雰囲気で様々に変化します。試験の効率化を図るためには、同槽内多軸万能試験機、品質管理用試験装置があります。雰囲気関連装置には従来の標準万能試験機用雰囲気装置(-30%~250%)、高温炉、クライオスタット等があります。他のジャンルの試験に就いては項目別試験、材料特性別試験の項で紹介しております。 試験プログラムは試験項目ごとに独立していますので、納入後のアップグレードも簡単にできます。

引張・圧縮機(4)

インテスコ精密万能試験機は負荷容量により4機種ありますが、全て標準制御・計測システムとWindows対応データ処理ソフトウェアによる統合プログラムにより管理されています。ソフトウェアは社内製であるため、多少の変更はご要望に応じカスタマイズしております。試験中の荷重-ひずみ曲線をディスプレイ上にリアルタイム表示、自動的に記録され再現が可能です。ひずみの測定は変位、伸び計の選択が簡単に行える他、伸び計の試験サンプルへの装着から計測、記録まで自動で行える装置(ストレッチスケール)も用意されています。

槽内多軸万能試験機(2)

恒温・恒湿度多軸万能試験機は同一温度環境管理下でマルチ試験が可能な3個(最大)の独立した負荷機構を持っている点がマルチ試験機とは異なります。 従来万能試験機用恒温槽は、試験機の試験スペースに合わせて製作・納品して参りました。発想を転換して既製の恒温・恒湿度槽に多軸の負荷装置を加えた装置を開発しました。3組(最大)の独立した負荷・測定機構を有する為、個々の使用は勿論、同時試験も行う事が可能です。試験項目は引張・圧縮試験、クリープ試験、リラキゼイション試験等がありプログラムにより選択・実行致します。 つかみ、治具、伸び計等は要求試験要項に合わせ別途お見積もり致します。

品質管理試験機(3)

マルチ引張試験機、全自動引張・圧縮試験機は主に高分子材料の品質管理用として使用されています。 マルチ試験機はクロスヘッドに複数のつかみ装置を取り付け同時に負荷します。サンプルの測寸、つかみへの装着・除去を作業者が行う為、多品種・小ロット数、軽荷重向きの試験装置です。 全自動機は、測寸から全て自動で行うため多品種サンプルの場合、サンプル形状の管理に難しさがあるため、小品種・多ロット試験向きのシステムです。

万能試験機用標準付属品(0)

物性試験装置を構成する上で試験力とひずみ量の測定は必須であり付属品ではありませんが、試験目的に応じて選択肢が多岐であるため付属品の区分に入りました。治工具、試験環境装置に就いても一般的標準仕様の物から複雑な試験目的のため、試験機本体を上回る価格帯の物まで様々です。

この分類の製品は登録されていません。

試験力・ひずみ検出部(7)

ロードセル: 万能試験機を構成するセンサーは試験片に加わる試験力を測るロードセルをそれに伴うひずみ量を測定する伸び計があります。ロードセルはひずみゲージ式トランスデューサで低格容量が5KNまでの製品については全て自社内で製造しています。精度1級は全てでクリア致します。各機種、容量に就いては別表ご参照下さい。 伸び計: 伸び計は当初π型伸び計を製作しておりましたが現在は全面的にEpsilon社伸び計を採用しております。伸び計は金属材料の様な数ミリ以下を測る物から数センチ以上を測る物では物差しも目盛が異なります。読み取り値が小さく安定した精度と信頼性が求められる伸び計は全てEpsilon社製製品で対応致しております。豊富な製品のラインアップは別項ご高覧下さい。 一方、当社は設立以来品質管理用の伸び計の開発に力を注いで参りました。特に伸び計を試験片に装着する操作を自動化出来ないかに拘って種々開発、製作して参りました。標線を試験片に装着、試験開始後標線移動を荷重で検地し荷重サーボで追尾する 1)EX型伸び計 標線自体が0.2N程度以下の力で移動出来る伸び計、 2)ストレッチスケール を開発し高伸度の材料の測定用に上梓しております。

環境装置部(3)

環境装置部は試験温度域と雰囲気により構成が変わります。温度区分が800℃を超えると外熱式高温炉、250℃~-30℃は標準型温度槽、マイナス190℃以下は液体ヘリウム冷却によるクライオスタットに成ります。上記温度下で真空雰囲気が必要な場合は真空チャンバー、コントローラー、排気装置が必要になります。

つかみ及び治工具部(3)

リニューアル・検定(3)

当社は創業時の経緯もあり、メインテナンス、リニューアル業務を仕事の一環として常に取り組んできました。自社製の万能試験機は言うに及ばず他社製試験機でも多くのリニューアルの実績があります。(他社写真参照) 機械を引き取り、工場で作業、納品を行う従来からのリニューアルの業態を出来る限り控え、現場作業でリニューアルを完成させる事を第一として、経費と作業時間の削減を図っています。 リニューアルの内容もパソコンの交換からモータ交換等まで試験機の程度、状態により異なります。実際の試験機の状態を確認の上お見積もり致します。

材料別特性試験装置(42)

プラスチック(5)

フィルム(15)

ゴム(3)

アスファルト(12)

金属(3)

電気特性(5)

その他材料(2)

試験項目別試験装置(41)

規格試験専用試験機です。試験規格により、様々にカスタマイズされています。

疲労試験(10)

クリープ試験(14)

高速・衝撃試験(8)

摩擦・摩耗試験(6)

かたさ試験(1)

その他試験(2)

輸入機械(36)

Epsilon社 伸び計(7)

世界で唯一の、材料試験機用伸び計専門メーカーです。

Pine社 ジャイレトリーコンパクター(1)

アスファルト混合物を締固めて供試体を作成すると同時に、締固めデータから品質評価を行います。

Alpha Automation社 HIC測定装置(1)

Impact Echo社 インパクト エコー(1)

コンクリート内部の亀裂等を、応力波で検出する非破壊検査機です。

IPC社(Controls Group) 道路試験機(26)

その他輸入機械(0)

この分類の製品は登録されていません。

試験片製作(7)

規格試験では、試験規格に合った試験片を多数製作する必要が有ります。また試験片の作成法によって、個体差が大きく出る場合も有ります。インテスコでは、試験片を標準化し作成する装置も製造しております。

プラスチック材料(5)

アスファルト材料(2)